黒椿は身体の内部から白髪を治すサプリメントで、白髪染めは表面から染料を浸透させるものです。

当然、どちらにもメリットとデメリットがあります。

ここでは費用の方もクローズアップしながら、両方のメリットとデメリットを分かりやすくしてみました。

黒椿と白髪染めのメリットとデメリット表

方法 黒椿 美容院の
白髪染め
自分で
白髪染め
成功率
個人差あり 90%以上 30%~60%
ダメージ なし 髪にダメージ 髪や頭皮に
大きなダメージ
染め残し
個人差あり 10%以下 30%~60%
違和感 自然 突然? 突然?
黒のみ 種類が豊富 濃い色のみ
手間
飲むだけ 予約や施術 面倒くさい
時間
ほぼなし 数時間 1~2時間
効果を体感
するまで
1ヶ月以上 1日以内 1日以内
年間費用
約5万円 10万円以上 1~8万円

それぞれの特徴を簡単にまとめると、上のような表になると思います。 自分で白髪染めする場合は、デメリットがかなり多いものの、費用の安さが大きな武器です。

次はメリットとデメリットを1つずつ見ていきたいと思います。

黒椿のメリットは?

サプリメントをただ3粒飲むだけという手軽さは時間や手間をほとんど取らせませんし、頭皮や髪へのダメージもないどころか、むしろ髪に栄養が行きわたるくらいです。

また、他人から見ても変化がゆっくりで、違和感もなく自然です。

黒椿のデメリットは?

意外と費用がかかることと、効果が表れるまで時間がかかることでしょう。 あと、色のバリエーションは黒しかないことと、体質によっては効果があまりない可能性があることです。

美容院による白髪染めのメリットは?

プロが施術するので、染め残しもなく確実に仕上がることでしょう。 また、効果が即日で、選べる色も豊富です。

美容院による白髪染めのデメリットは?

なんといっても時間とお金がかかります。 美容院までの往復や予約の手間と、シャンプー込みで1回約1万円というコスパの悪さは、大きな障害に感じる方も多いでしょう。

また、髪にダメージがありますし、突然髪の色が変わるので違和感もあります。

自分で白髪染めをするメリットは?

とにかく費用が安いことでしょう。 さらに、最寄りのドラッグストアでも簡単に薬剤を手に入れることができます。

自分で白髪染めをするデメリットは?

プロでなく素人でも染められるように、ブリーチ剤がたくさん含まれています。 このブリーチ剤は髪どころか、頭皮にまで大きなダメージを与えてしまいます。

また、自分でやると後頭部や襟足などに染め残しが出来るうえ、準備や後の片づけも大変ですし、美容院ほどきれいには仕上がりません。

おすすめはあなた次第?

どの方法にもメリットとデメリットがあるので、どれがおすすめとか一概には言えません。

ただ、もしあなたが手軽さと安全と、違和感のない自然な変化を求めるなら、新しい技術の白髪サプリ「黒椿」を試してみてはいかがでしょうか?